ニートからの脱出

ニートにおすすめ!人と関わらずにできるアルバイト

ニートを脱出したい方へ

ニート生活から脱出したいという気持ちはあるものの、どうしていいかわからずにいる人に向けて、ニート脱出に役立つ情報を提供します。
お問い合わせはこちらまで<escapeneet@yahoo.co.jp

ピックアップ

特徴を知って対策を

特徴を知って対策を

ニートになるのはちょっとしたことがきっかけになりやすいのですが、同じ出来事があってもニートにならない人もいます。その違いはその人の持つ性格や特徴も少なからず関係しています。ニートになりやすい人の特徴を知って対策を考えましょう。

まずは人と関わらない職種を

現在ニートでアルバイトを始めてみたいけどどれにすればいいという方のために、ここではニートにおすすめできるアルバイトを4つ紹介します。アルバイトの職種はたくさんありますが、ニートでも始められるものを選びました。まずは一歩踏み出すことが大切です。あまりこだわりは持たずにどれでもいいという思いでアルバイトを始めてみましょう。

単発のアルバイト

まずおすすめしたいのは単発のアルバイトです。1日から数日で終わるようなアルバイトです。日給は8000円から1万円程度が相場で、時給にすると1000円以上になることが多く、なかなかコストパフォーマンスに優れたアルバイトと言えます。こういったアルバイトは学歴の制限もほとんどないため高卒でも気にせずに働くことができます。仕事は1日から数日で終わりますので、他のアルバイトやスタッフの人と深く関わることもなく人間関係に悩まされることもありません。休憩中にちょっと話す機会はあるかもしれませんが、ひょっとすると気の合う人と巡り会う可能性もあるかもしれません。
単発のアルバイトは未経験でも可というところが多く、今まで働いてこなかったニートの人でも気にせずに働くことができるのが良いところです。職種としては、たとえば年末年始に忙しいお店の手伝いや、ライブコンサートのスタッフ、工事現場などがあります。他にも探せば珍しい職種があったりしますので、面白い体験ができるかもしれません。体力勝負の仕事が多いため、体力に自信のある方にとくにおすすめしたいアルバイトです。

在宅でできるアルバイト

パソコンを持っていてインターネットができる環境にあるのでしたら在宅でできるアルバイトもおすすめです。必要な機材はいりませんが、ワードやエクセルなどが必要になるケースがあります。それらをすでにお持ちでしたらお金をかけずに始めることができます。通勤する必要もなく直接会話をする必要もないため、コミュニケーションが不得意な人でもすることができます。
職種としては、インタビューや講演などの文字起こしやネット記事やコラムを書いたりキャッチコピーを考えるといった仕事で、とくにスキルがなくても始められるものが多くあります。給料の制度は単価や時給などがあります。こちらが仕事を選ぶことができるという大きなメリットがあります。締め切りさえ守れば自分のペースで仕事を進めることができますので、生活リズムが不規則になっているニートの人にもおすすめできます。
ほとんどのところは問題ないのですが、中には教材費や機材費として高額なお金を請求するのが目的の悪質業者もいるようです。口コミなどをチェックして問題を起こしているところではないと確認してから始めるのが安心です。

住み込みのアルバイト

スキーのシーズンにロッジで住み込みで働いたりするのが住み込みのアルバイトです。実家暮らしの方はこの仕事から始めてみてはいかがでしょうか。家賃がかからないため長く住み込みで働けるところでしたらお金の貯まるスピードも早いところが魅力です。普段家にひきこもりがちなニートも、環境をガラリと変えて生活することで社会人としての自覚が付いてくるかと思います。実家にいると肩身が狭いという人にもおすすめです。

新聞配達

新聞配達の仕事内容については説明の必要がないと思います。新聞配達には配達と集金の仕事がありますが、配達のほうを選ぶことをおすすめします。集金のほうを選んでしまうと会話をする必要がでてきてしまいますが、配達だけなら人と接することはほとんどありません。あっても時々軽く挨拶をする程度でしょう。1回の勤務時間が短めというところも今まで仕事から離れているニートには向いていると言えます。

人との接触が少ない仕事から

人と接するのが苦手な人が多いので、まずは人と接する機会のあまりない仕事から始めてみることをおすすめします。とりあえずどれでもいいので始めてみることで、次第に「自分なら他の仕事もできる」と自信が付いてくるはずです。そして自然と少しずつ段階を上げていくようになるのですが、そこまでは考えずにまずは第一歩を踏み出してみましょう。

まずは人と関わらない職種を

社会人の転職にも使える記事

求人サイトと求人誌の違い
求人サイトと求人誌の違い

アルバイトを探す方法として人気なのが求人誌と求人サイトを利用する方法です。求人誌はとても見やすく地域に根ざした情報が掲載されているというメリットがあります。ただし情報が古めで、応募した時には既に埋まっていたというケースがかなりあります。求人サイトなら情報が新しく、掲載されている求人もたくさんあります。やりたい仕事を検索で簡単に探すことができてとても便利です。ニートがアルバイトを探すのであれば、まずはインターネットの求人サイトを利用してみてください。 詳しく見る

履歴書写真のルール
履歴書写真のルール

アルバイトの応募をする際に重要になるのが履歴書です。中でも履歴書に貼る写真はその人の第一印象になりますので、写真で手を抜かないようにしましょう。撮影する時には身だしなみと表情が大切です。清潔感のある髪型と服装で撮影しましょう。表情はほんの少し口元を挙げるようにするのが良い印象を持ってもらうポイントです。全体として必要なのは清潔感や誠実さがあるかどうかです。出来上がった写真からこれらが感じられるかどうかチェックし、おかしなところがあれば撮り直しましょう。 詳しく見る

「わかものハローワーク」が手助け
「わかものハローワーク」が手助け

ニートの人が仕事を始めるのであれば、全国にあるハローワークを活用することをおすすめします。現在労働市場は人材不足なので働くチャンスです。求人を探すために積極的にハローワークを利用しましょう。現在働いていない人でも気にすることはありません。ハローワークに集まってくる人たちはみんな働いていないからです。社会では多くの若い人が働いていないことが懸念されていますが、若い人の就業を支援する「わかものハローワーク」という機関もありますので、これを利用するのも良いでしょう。 詳しく見る

転職エージェントを有効活用
転職エージェントを有効活用

就職活動で大変なのは、内定が決まるまで求人探しや応募などを一人で繰り返さなければならないところでしょう。そういった一人でやると大変な就職活動を手伝ってくれるのが転職エージェントです。転職エージェントに登録すると自分の希望などを聞いてくれ、それに合った企業を紹介してくれますので、一人で求人探しや応募をするよりもずっと効率的に就職活動を進めることができるようになります。しかも転職エージェントは無料です。より良い求人に出会いたいのであれば複数の転職エージェントに登録するとより効果的です。 詳しく見る