ニートからの脱出

ニートになるのはちょっとしたつまずきがきっかけ

ニートを脱出したい方へ

ニート生活から脱出したいという気持ちはあるものの、どうしていいかわからずにいる人に向けて、ニート脱出に役立つ情報を提供します。
お問い合わせはこちらまで<escapeneet@yahoo.co.jp

ピックアップ

特徴を知って対策を

特徴を知って対策を

ニートになるのはちょっとしたことがきっかけになりやすいのですが、同じ出来事があってもニートにならない人もいます。その違いはその人の持つ性格や特徴も少なからず関係しています。ニートになりやすい人の特徴を知って対策を考えましょう。

ほんの少しのつまずきから

今では「ニート」という言葉は普通に使われるようになっていますが、みなさんはニートという言葉の意味や由来をご存じですか?ニートは「NotinEducation,EmploymentorTraining」の頭文字を取り、「NEET」と略された言葉です。英語の部分を訳すと「教育機関で学んでおらず、雇用にもつかず、職業訓練にも参加していない者」という意味になります。イギリスが発祥となった言葉で、労働政策の中で用いられた言葉です。日本でもニートは厚生労働省によって「15〜34歳までの非労働力人口の中から、学生と専業主婦を除いた、求職活動に至っていない者」と定義されています。ちなみに家事手伝いはこの定義ではニートには含まれていません。ニートの数はどんどん増え続けており、社会問題化しています。いったいどうしてニートが増え続けているのでしょうか。ここではニートになった原因を探り、どうすればニートから脱出できるのかを考えていきたいと思います。

ほんの少しのつまずきからニートに

ニートになった人々を見てみると、その原因は人それぞれのようです。具体的にこういうことがあればニートになってしまうというような原因はありません。しかし、全体として共通することがあるのです。それは、ほんの少しのつまずきからニートになってしまったということです。

子供のころから学校に通っていない

ニートになってしまった人は、大体2つのケースに分けられます。まずは義務教育の頃や高校の時点ですでに学校に通わずに引きこもり生活を送って、そのまま就職せずにニートになってしまったというケースです。こういったケースの方は、学校で人間関係やいじめなどで嫌になって不登校になってしまったり、あるいは学習について行けなかったりして学校に通わなくなり、学校に行かないことがそのまま常態化してニートになっています。人との接触がないためコミュニケーションを取らなくなり、コミュニケーションを取らないことで人との接触をこわがってしまいさらにコミュニケーションを避ける、という悪循環になってしまっています。小さいころからそういった生活に慣れているためそれが普通のこととなってしまい、大人になってからも同じようにニート生活を送ってしまうケースが多く見られます。こういったニートの方々はニート生活に慣れているため、ニートから脱出するのが難しいようです。(脱出する方法はこの後紹介していきます。)

成人してからニートに

もう1つのタイプは成人してからニートになるというケースです。成人してから何かに疲れて嫌になってしまいニートになってしまった人たちです。こういった人たちに多く見られるのが就職活動で疲れてしまうケースです。大学入学までは上手くいっていたのに就職活動でなかなか採用されなくて嫌になり挫折してしまうというケースは非常に多いのです。他にも就職はできたものの、職場で人間関係などが上手くいかずに退職してニートになってしまったり、勤め先がブラック企業などでそこで働くのが嫌になりニートになるというケースもあります。中には鬱病などの精神的な病気にかかり、それが原因で働けなくなるという方もいます。このようにニートになる原因は様々ですが、共通して見られるのがちょっとしたつまずきがきっかけになっているのです。

ほんの少しのつまずきから

社会人の転職にも使える記事

求人サイトと求人誌の違い
求人サイトと求人誌の違い

アルバイトを探す方法として人気なのが求人誌と求人サイトを利用する方法です。求人誌はとても見やすく地域に根ざした情報が掲載されているというメリットがあります。ただし情報が古めで、応募した時には既に埋まっていたというケースがかなりあります。求人サイトなら情報が新しく、掲載されている求人もたくさんあります。やりたい仕事を検索で簡単に探すことができてとても便利です。ニートがアルバイトを探すのであれば、まずはインターネットの求人サイトを利用してみてください。 詳しく見る

履歴書写真のルール
履歴書写真のルール

アルバイトの応募をする際に重要になるのが履歴書です。中でも履歴書に貼る写真はその人の第一印象になりますので、写真で手を抜かないようにしましょう。撮影する時には身だしなみと表情が大切です。清潔感のある髪型と服装で撮影しましょう。表情はほんの少し口元を挙げるようにするのが良い印象を持ってもらうポイントです。全体として必要なのは清潔感や誠実さがあるかどうかです。出来上がった写真からこれらが感じられるかどうかチェックし、おかしなところがあれば撮り直しましょう。 詳しく見る

「わかものハローワーク」が手助け
「わかものハローワーク」が手助け

ニートの人が仕事を始めるのであれば、全国にあるハローワークを活用することをおすすめします。現在労働市場は人材不足なので働くチャンスです。求人を探すために積極的にハローワークを利用しましょう。現在働いていない人でも気にすることはありません。ハローワークに集まってくる人たちはみんな働いていないからです。社会では多くの若い人が働いていないことが懸念されていますが、若い人の就業を支援する「わかものハローワーク」という機関もありますので、これを利用するのも良いでしょう。 詳しく見る

転職エージェントを有効活用
転職エージェントを有効活用

就職活動で大変なのは、内定が決まるまで求人探しや応募などを一人で繰り返さなければならないところでしょう。そういった一人でやると大変な就職活動を手伝ってくれるのが転職エージェントです。転職エージェントに登録すると自分の希望などを聞いてくれ、それに合った企業を紹介してくれますので、一人で求人探しや応募をするよりもずっと効率的に就職活動を進めることができるようになります。しかも転職エージェントは無料です。より良い求人に出会いたいのであれば複数の転職エージェントに登録するとより効果的です。 詳しく見る